エンディングノートと遺言書の違い

エンディングノートと遺言書の最大の違いは、遺言書には法律的な拘束力が有りますが、エンディングノートには拘束力が無い事です。

「自分の財産のうち100万円をお世話になった友人のAさんに差し上げます。」と遺言書に書いておけばAさんは100万円を受贈できますが、エンディングノートに書いてあったのでは100万円をもらう事が出来ません。もちろん相続人全員に納得してもらえれば受け取ることが可能かもしれませんが。

遺言書に書く事は法律的な事で、エンディングノートは個人の覚え書きのようなものなのです。

それではエンディングノートには意味がない、という訳ではありません。

エンディングノートを書く事で自分の老後をしっかりと見つめ直すことが出来ると共に、老後の自分の生活の目標を見出す切っ掛けとなり、活発で明るい老後への道しるべとなります。そして、最終的には遺言書をどのように書いたらいいのかという事がはっきりと見えてきます。言わば「人生の棚卸」がエンディングノートで、それによって遺言書に書いておくべきことが見えてくることがとても重要な事だと思います。

現在、エンディングノートは書店などで多種多様なものが販売されていますが、エンディングノートに書くために大変参考になる反面、項目が多すぎて自分にとって必要ないページが沢山連なっている事もあります。まずはお気に入りのノートにお気に入りのペンで気軽に書いてみてはいかがでしょう。遺言書と違って様式は問いません。何を書いても良いのです。どのように書いても良いのです。
自分自身の事になりますが、「日本全国47都道府県全てをめぐる。」という目標を立てて、これからやりたいことも沢山書いたりしています。エンディングノートは終わりのためのノートではなく、始めるためのノートでもあるのです。人生の節目に自分を見つめ直すための「これまで」と「これから」のまとめノートです。決して終わるためのノートではありません。

一点だけ、エンディングノートを付けるにあたっての注意点があります、市販のエンディングノートには積極的に個人情報を書くものが多いのですが、財産の状況、マイナンバーなど他人に知られたくないような情報を記載するときには、そのノートの保管場所には気を付けてください。ただ、気を付けすぎると、いざという時に役に立たなかったりという事も有りますので、信用の出来る方にその存在は知っておいてもらう事も重要です。

書いてみると、案外書けない個所も多く、また、老後にはそんなことが重要なのかと気づかされることも多いエンディングノートです。楽しく付けてみてはいかがでしょうか。