一般的な遺言と言えば、自筆証書遺言と公正証書遺言ですが、どちらの遺言を書くといいのかを悩まれる方が多くいらっしゃいます。そのどちらにもメリット・デメリットがあります。

自筆証書遺言

メリット

紙とペンと印鑑があれば自分で書けるためにお金をかけなくても良い。
誰にも言わずに自分で書く事が出来る。
自筆なので、想いが伝わりやすい。

デメリット

家族の方等が知らないと、亡くなった後に発見されなかったり、生前に紛失のおそれが有る。
他人に偽造される可能性がある
裁判所での検認の手続きが必要となる。
形式に不備が有ると無効となる可能性がある。

公正証書遺言

メリット

専門家である公証人が書くために形式に不備が無いので無効となる可能性が非常に少ない。
原本が公証役場に保管されるため、破棄・偽造・隠匿のおそれが無い。再発行が出来る。
検認の手続きが不要なので、相続手続きがスムーズである。

デメリット

専門家を使うために手間とお金がかかる。
公証のため証人が2人以上必要となる。

手軽なのは自筆証書遺言で、優れているのは公正証書遺言となります。
選択に迷われる事も多いと思いますが、後の問題を残さないための遺言であるならば、殊更に公正証書遺言をお勧め致します。

他の遺言書関連ページ